沿革

第二岐山丸

昭和43年 第二岐山丸

第三岐山丸進水式

昭和46年 第三岐山丸 進水式

第三岐山丸

初荷

1963年(S38)  2月

岐陽海運株式会社設立。徳山曹達株式会社(現 株式会社トクヤマ)の子会社(資本金:100万円)として、製品ならびに原料の海上輸送を主たる目的として営業を開始。

67年(S42)  11月

資本金400万円に増資

12月

資本金1000万円に増資

68年(S43)  3月

自社セメントタンカー船 岐山丸(655G/T)就航

11月

自社苛性ソーダタンク船 第二岐山丸(197G/T)就航

69年(S44)  9月

内航海運業ならびに内航運送取扱業の免許取得

71年(S46)  8月

自社粘土運搬船 第三岐山丸(999G/T)就航

10月

資本金2000万円に増資

78年(S53)  9月

倉庫業の営業許可、第一岐陽倉庫(4229㎡)新設

79年(S54)  7月

資本金5000万円に増資

12月

自社セメントタンカー船 第五岐山丸(3795G/T)就航

80年(S55) 6月

自動車運送取扱業の登録許可

84年(S59)  2月

自動倉庫(821㎡)新設

7月

自社セメントタンカー船 德陽丸(625G/T)就航(共有)

88年(S63)  2月

新社屋完成

6月

貨物船 第15らん丸(367G/T)就航(共有)

89年(H元)  7月

自社粘土運搬船 第一岐山丸(697G/T)就航 

93年(H 5)  12月

液体塩素の陸上輸送引受のため、西日本開発株式会社に資本参加

94年(H 6)  10月

第二岐陽倉庫(4064㎡)新設

95年(H 7)  10月

自社セメントタンカー船 第一トクヤマ(4381G/T)就航(共有)

2000年(H12)  7月

資本金1億円に増資

12月

自社セメントタンカー船 第二トクヤマ(4387G/T)就航

1年(H13)  1月

社名を株式会社トクヤマロジスティクスに変更

4月

西日本開発株式会社を吸収合併

7月

建設業の許可取得

2年(H14)  9月

ISO9001の認証取得(2008年度版)

10月

トクヤマデリバリーセンターの拡大(株式会社トクヤマ化成品の受注業務の集約)

3年(H15)  2月

当社創立40周年

6月

通関業の許可取得
株式会社トクヤマ化成品ローリーの元請開始

4年(H16)  3月

貨物自動車運送事業安全性評価事業に認定

4月

販売設備業務からの撤退

10月

株式会社トクヤマ一般貨物輸送の元請開始

5年(H17)  6月

株式会社トクヤマ海上輸送(特殊タンク船他)元請の拡大

6年(H18) 4月

大阪支店開設

7年(H19) 10月

九州・四国の株式会社トクヤマの元請開始

8年(H20) 4月

株式会社トクヤマ物流グループの主要業務を移管統合
東京営業部、東京営業部古屋駐在開設
自社セメントタンカー船 第三トクヤマ(720G/T)就航

9年(H21) 4月

東京営業部・大阪営業部を東京支店・大阪支店に改組

東京営業部古屋駐在閉設

11年(H23) 4月

組織変更

13年(H25) 2月

当社創立50周年